So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

鉱都迎賓館 [遺構・遺跡]

足尾の街を離れる前に、今回どうしても寄っておきたいスポットがありました・・・

DSC_2998 (2).jpg


 足尾銅山は江戸幕府直轄の銅山として栄え、その銅は東照宮、芝増上寺や江戸城の屋根や、銅銭「寛永通宝」にも使われた。

 明治10年(1,877年)廃山同様になっていた足尾銅山を古河市兵衛が経営に着手、当時最先端の技術を取り入れ、日本の産銅の約半分を生産するに至り、東洋一の銅山と呼ばれるようになった。

 そんな鉱都に相応しい迎賓館として、約100年前に「古河 掛水倶楽部」が建設され、1部の和風部分は明治末期に改築され洋風2階建てとなり、銅山の宿泊施設や会合に使用され現在も古河機械金属株式会社の福利厚生施設として今なお現役・・・(各観光サイト記事から引用抜粋)



続きを読む


nice!(23)  コメント(10) 

薔薇のかほり [Photo]

DSC_3142 (2).jpg

四季の香りローズガーデンでは、バラをより身近に知ってもらおうという意図が随所に

(コレは手にとって、香りを楽しんでもらおうというもの)




続きを読む


nice!(17)  コメント(12) 

飾りじゃないの「ヨ」 [遺構・遺跡]

トロッコ到着で一気に駅構内が賑やかになった足尾駅・・・
 足尾歴史館スタッフによるイベントもはじまりはじまり!

DSC_2945 (2).jpg

協三工業製10tディーゼル機関車が、古河機械金属社章付きタキを牽引


DSC_2958 (2).jpg

例の黄色いヤツも存外力持ちだったりしてヮ(゚д゚)ォ!

(アント工業製アント15型貨車移動機)




続きを読む


nice!(23)  コメント(10) 

団地のローズガーデン [Photo]

 東京都練馬区・・・
 23区で最も歴史が浅い区の人口(密度)がそれなりに多い(高い)のは、光が丘団地が少なからず貢献していることだろう(←ロクに調べず勝手な想像)!

 光が丘の歴史については、ワタシと違って詳細な調査で有名なとり氏の記事をどうぞ → コチラ

 そんな大規模団地の真ん中に「四季の香りローズガーデン」なる「バラの香り」をテーマとした庭があります。

DSC_3092 (2).jpg

5/13・・・0900 OPENの直前に来てみた



続きを読む


nice!(15)  コメント(4) 

トロッコわたらせ渓谷号 [Photo]

足尾歴史館のスタッフに教えられたイベントを見てみようと、再び足尾駅に立ち寄る・・・
 そのイベントはトロッコ号が到着後と告げられる、どうりで駅構内にカメラ諸氏が多いわけだ!

DSC_2868 (2).jpg

朝と違い駅前は車がたくさん・・・


 赤城観光自動車のバスが横付け・・・トロッコの乗客、団体さんが乗り込むんですね、きっと!



続きを読む


nice!(16)  コメント(8) 

Powered by Ford [遺構・遺跡]

銅山シリーズはおしまい・・・銅分から鉄分濃度が濃くなります!

DSC_2730 (2).jpg

足尾銅山観光から道路を隔てて、わたらせ渓谷鐵道の線路を渡ると・・・


DSC_2733 (2).jpg

足尾の歴史が学べる足尾歴史館に併設の足尾ガソリン軌道・歴史館線があります


DSC_2740 (2).jpg

DSC_2742 (2).jpg

DSC_2801 (2).jpg

DSC_2802 (2).jpg

こどもの日特別公開・・・

フォード・オリジナルエンジン使用の「定時」と呼ばれたガソリンカー体験乗車

(足尾歴史館の入館券で乗車可能)


 大正15年から、昭和30年代まで足尾に住む人々の輸送や物資運搬にと幅広く活躍していたトロッコ軌道を復元。毎月第一土曜日に運行しているそうです。こどもの日は運良く臨時運転日、到着と同時にこの日最初の運転に乗ることができました。想像以上な爆音のフォードサウンドと硬派な乗り心地も、当時と同じだったのでしょうか? 実はこのイベント、ちゃんと調べていなかったのですが、ムスメのトイレ立ち寄り希望がなかったら得られない体験でした┐(´д`)┌ヤレヤレ



DSC_2768 (2).jpg

主役のガソリンカー以外では、手動や(個人的にはコレが楽しかった(*^^*))


DSC_2771 (2).jpg

草刈り機エンジン流用?のミニチュア・レプリカなら、子供でも運転させてもらえます(*^^)v



続きを読む


nice!(21)  コメント(16) 

エリアで捉える足尾銅山3 [遺構・遺跡]

DSC_2574 (2).jpg

例によって誰もいない間藤駅とその周辺・・・


DSC_2580 (2).jpg

時刻は0800、休日且つ誰もいないのに、古河キャステック社の敷地内からラジオ体操第一が!

(誰もいないのをいいことに、音楽に合わせて体操してみた(*_*)☆\バキ!)




 その後、通洞駅へ移動して・・・hanamuraさん、お待たせいたしました!

DSC_2605 (2).jpg

誰も降りず・乗らなかった気動車が一両、桐生へ向かって発車して行きました(^^)/~~~


DSC_2610 (2).jpg

0830過ぎ・・・営業開始まであと30分


DSC_2608 (2).jpg

負の遺産シンボル・・・絶対に近づけない鉱滓ダムの簀子橋堆積場


DSC_2612 (2).jpg

新ステーション???(知らなかった)

(何と言ってもウン十年前だものなぁ・・・)


 この日は休日で混雑が予想されるためとかで、旧ステーションからの発着でした(;´д`)トホホ…

DSC_2618 (2).jpg

おっと、ラックレール・・・ですか?


DSC_2619 (2).jpg

旧ステーション・・・昭和だ!


DSC_2621 (2).jpg

始発トロッコ一番乗りで一番前


DSC_2628 (2).jpg

通洞坑へ突入・・・



続きを読む


nice!(22)  コメント(16) 

エリアで捉える足尾銅山2 [遺構・遺跡]

エリアで捉える足尾銅山1のつづき・・・

 登ってきた道が余りにも狭く、落石で危険だったため、峠の反対側である銀山平側へ降りることにしました。もっとも、そう判断した時点では似たような環境である可能性もあったわけですが、幸いにも少しだけ走りやすい道でした。

DSC_2480 (2).jpg

大正15年に架けられた旧小滝橋や


DSC_2482 (2).jpg

小滝坑


DSC_2474 (2).jpg

明治時代まで使われていた火薬庫の跡を眺めつつ

(小さくない岩がゴロゴロと危険)


 ぐるりと足尾銅山の山塊を一回り・・・それでもまだまだ0630



 

続きを読む


nice!(19)  コメント(10) 

エリアで捉える足尾銅山1 [遺構・遺跡]

2018年のこどもの日・・・早朝0500頃足尾駅到着!

DSC_2428 (2).jpg

見頃を過ぎた八重桜が、地面に彩りを添える(輪止めの存在を認識←重要)




続きを読む


nice!(18)  コメント(6) 

超巨大シャワー [ダム・水路]

 ソーセージの栓を抜くとカレー・ルーがドバーッ・・・なダムカレーは食べませんでしたが、1400からのこの日第二回観光放流までの間、LAKE SIDE CAFEでランチ。

DSC_2342 (2).jpg

開始までおよそ1.0h・・・最前列で新緑を眺めながらまったり

(ムスメとヨメは県立あいかわ公園へ)





続きを読む


nice!(16)  コメント(12) 
前の10件 | -